大会概要about

以下の内容は全て予定となります。内容が決まり次第随時お知らせ致します。

大会概要

大会名称 広島湾岸TRAILRUN 2020
開催日 2020年9月20日(日)~22日(火・祝)
開催場所

スタート会場

呉ポートピアパーク

フィニッシュ・表彰会場

ハノーバー庭園

種目 125km(累積標高 約8,600m)
定員 1,000名
参加費

30,000円

参加賞 大会オリジナルグッズ
参加資格
  1. 山のルール・マナーを守れる方

  2. トレイルラン経験等

    • 大会当日に18歳以上の男女で、コースを迷うことなく制限時間内に完走できること。
      ※18歳、19歳の場合は、保護者の承諾書が必要。
    • 別途トレイルレースの完走歴を設定予定
      ※詳細決定後発表致します。
表彰
  • 総合/各種目男女 1位~6位
  • 年代別/各種目29才以下、30代以上、40代以上、50代以上、60代以上各種目1~3位

表彰は総合入賞を優先とし、重複はしない

ITRAポイント 5ポイント(予定・申請中)
主催 広島湾岸TRAILRUN実行委員会
後援(申請予定) 広島県、広島市、呉市、海田町、熊野町、広島県観光連盟、呉市観光協会、広島商工会議所、NHK広島放送局、中国新聞社、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送
特別協力 広島湾岸トレイル協議会
大会プロデューサー 奥宮俊祐(adidas契約アスリート/FunTrails)
企画・運営 一般社団法人 ITADAKI、合同会社FunTrails
エントリー

※詳細決定後発表致します。

スケジュール

【大会前日】

9月19日(土)

ハノーバー庭園

13:00~16:00 前日受付 / 必携品チェック

【大会当日】

9月20日(日)

呉ポートピアパーク

13:00~17:00 当日受付 / 必携品チェック
17:30 ブリーフィング
18:30 オープニングイベント
19:00 競技スタート
9月22日(火・祝)

ハノーバー庭園

12:00 制限時間
12:30 表彰式

ルール

競技ルール

  1. 今レースは、定められたコースの所要時間の少ない選手から順位を決定するタイムレース方式とする。
  2. 制限時間内に各関門に到着できない場合、その選手の競技は中止となり、係員の指示に従いコースアウトしなければならない。

    ※関門ポイント及び時間は現在調整中です。

  3. 時間内にフィニッシュできなかった場合、完走とはならない。
    制限時間:40時間
  4. 200mごとを目安に主催者が設置した、コース誘導を目的とするマーキングテープを確認しながらコースを進行し、マーキングテープが確認できなくなった場合には、コースアウトの可能性を視野に入れ、自己判断で後退しコースへ戻らなければならない。
  5. 主催者がコース誘導を目的に設置した方向指示看板、マーキングテープ、ロープ、コーンなどを移動させてはならない。
  6. コースの内外に係わらず、一般登山者及び施設利用者を優先させなければならない。
  7. レース中の食べ物、飲み物等の補給は選手が出走時に所持したもの及び主催者が用意したものとし、それ以外の補給は認めない。
  8. 出走しない場合、必ず係員に申し出てナンバーカードと計測チップを返却しなければならない。
  9. レース中に競技を中止する場合、必ず係員に申し出て計測チップを返却しなければならない。
  10. 以下が判明した選手は失格とし、競技前においては競技への参加を禁止し、競技中においては競技を中止しなければならず、競技後においてはその成績を取り消す。

    • 競技ルールに違反した選手
    • 装備ルールに違反した選手
    • 自然保護に関するルールに違反した選手
    • 参加資格・年齢・性別を偽る、あるいは申込者を装って参加した選手
    • 他の選手の競技を妨げる可能性のある仮装をして出場した選手
    • 酒気を帯びた選手
    • 競技が不可であると医療スタッフが認めた選手
    • 係員の指示に従わなかった選手
    • 各関門および制限時間を超えた選手
    • 選手又は係員以外の者と伴走した選手
    • コースをショートカットした選手
    • フィニッシュ以前にナンバーカードから計測チップを取り外した選手

装備ルール

  1. 以下のすべてを必携装備とし、選手は携行又は装着したうえで、スタート及びフィニッシュしなければならない。

    必携装備品
    • ①ザック・バックパック
    • ②エマージェンシーシート
    • ③ホイッスル
    • ④水分
    • ⑤行動食 (スタート時のみ)
    • ⑥フード付きレインジャケットとレインパンツ
    • ⑦防寒用の長袖シャツ
    • ⑧防寒用の足首までを覆うロングパンツ
    • ⑨防寒用の手袋、耳までを隠す帽子
    • ⑩コースマップ
    • ⑪ファーストエイドキット
    • ⑫携帯コップ
    • ⑬エントリーの際に番号を届け出た携帯電話
    • ⑭ライト2個・予備の電池
    • ⑮受付時に配布したナンバーカード(装着必須)
    • ⑯本人の健康保険証(コピー不可)
    • ⑰点滅ライト
    • ⑱ココヘリ保険証端末
    • ⑲テーピング用テープ
    • ⑳携帯トイレ
    • バックパック

      バックパック

      必携装備を収納でき、両肩で担げるもの。
      トレイルラン専用のものは背中にフィットし、揺れにくく走りを妨げません。またポケットが多く付いており、水分やジェルなどを収納できます。

      NG:片掛ザック/ウェストポーチ など

    • エマージェンシー・シート

      エマージェンシー・シート

      もしもの時に、寒さや雨風から身を守るために必要です。レース中に雨が降り、風に当たると急激に体温が下がり、低体温症になる可能性があります。推奨サイズ:130cm以上×200cm以上

    • ホイッスル

      ホイッスル

      滑落して動けなくなったときなど、万が一の時に役立つ笛です。小型で大きな音が出るものを選びましょう(ザックに備え付けのものでも可)。

    • 水分(1ℓ以上)

      水分(1ℓ以上)

      スタート時・各エイドステーション出発時

      ハイドレーションやボトルに入れて携行をおすすめします。

    • 行動食

      行動食(スタート時のみ)

      軽量で高カロリーなスポーツ用のジェルやエネルギーバーがおすすめです。
      吸収も早く、すぐにエネルギーになります。ジェルの場合30分に1本程度の補給が目安となります。

      ※エイドステーションにも補給食を用意していますが、最低限必要なものは携行してください。

    • レインウエア

      レインウエア

      ゴアテックス等、完全防水及び透湿機能を持ち、かつ縫い目をシームテープで防水加工してあるもの。

      NG:ビニールカッパ/レインポンチョ/縫い目がシームテープで防水加工されていない上着。

    • 長袖シャツやアウター

      長袖シャツやアウター(防寒用)

      速乾性素材の長袖シャツ、スポーツ用のロングスリーブ、長袖フリース、ソフトシェルなど。汗冷え対策となるもの。

      NG:綿素材のもの、アームスリーブのみ、レインウェアとの併用も不可。

    • ロングタイツやロングパンツ

      ロングタイツやロングパンツ
      (防寒用)

      スポーツ用のロングタイツ/ロングのレインパンツ/速乾性素材のロングパンツ/膝上まで覆うタイツと、膝下までのロングソックス又はレッグスリーブの併用など。
      装備もしくは携行してください。

      NG:綿素材のもの/ショートパンツと、膝下までのロングソックス又はレッグスリーブの併用/など

    • 手袋

      手袋

      紫外線や防寒対策だけでなく、木の幹や枝、岩などトレイルには手を使う場面も多いため、ケガ予防にもなります。

    • 帽子

      帽子

      熱中症対策や頭部のケガ予防にも有効です。吸汗速乾素材がオススメです。

    • コースマップ

      コースマップ

      こちらからマップをダウンロードして下さい。

      スマートフォンアプリ「YAMAP」で大会公式コースマップが利用できます。

    • ファーストエイドキット

      ファーストエイドキット

      捻挫や出血を伴うケガをした際に、現場で応急手当てができるキットです。ハチやヘビなどの毒を吸い出すポイズンリムーバーも必要です。

      内容:テーピング、絆創膏、ポイズンリムーバー、包帯、はさみ、ガーゼ、ピンセットなど

    • 携帯コップ

      携帯コップ

      自然環境保護の観点から、エイドステーションには極力紙コップを用意していません。
      各自100cc以上のコップを用意ください。折りたたみができるシリコン製のものだとかさばらずオススメです。

    • 携帯電話

      携帯電話

      エントリーの際に番号を届け出てください。
      本人との連絡や遭難時の現在地確認などで必須です。

    • ヘッドライト

      ライト2個・予備の電池

      季節によっては、早朝の足もとは暗く、夕方はあっという間に日が落ちて暗くなってしまいます。また下山が遅れた場合の備えとして装備しましょう。

    • ナンバーカード

      受付時に配布します。
      万が一の際の本人確認用に必須です。

    • 健康保険証(コピー不可)

      万が一の際の本人確認用に必須です。

    • 点滅ライト

      夜間の一般公道で後方からの車輌に認識されやすいようザックなどに付けてください。

    • ココヘリチップ

      ココヘリチップはもしもの遭難に備えて必ず所持してください。
      遭難してしまった際に自らの位置を電波で発信、捜索ヘリが受信し速やかに捜索隊に引き継ぎ早期発見に繋がります。

      ※既に加入済みの方はご持参ください。

    • テーピング用テープ

      推奨サイズ:80cm以上×3cm以上

    • 携帯トイレ

    携行推奨品
    • ①トレイルランニングシューズ
    • ②熊鈴
    • ③時計(GPS機能付き腕時計)
    • トレイルランニング・シューズ

      トレイルランニングシューズ

      砂利や岩など、険しい道もしっかりサポートする、滑りにくく耐久性のある専用シューズをおすすめします。

    • 熊鈴

      熊鈴

      音を出すことで人間の存在を知らせ、クマとの遭遇を避けます。
      消音機能もついている熊鈴が便利です。

    • 時計(GPS機能付き腕時計)

      時計(GPS機能付き腕時計)

      GPS時計を利用することで、現在の位置を確認出来、山の中で迷ってしまうのを防いだり、スタートからどのぐらい走って目標の距離まであと何kmなのか確認出来ます。

  2. ナンバーカードは、前面にナンバーが隠れない様に装着しなければならない。
  3. イヤホン他、音を妨げる装備の使用は認めない。
  4. 裸足又はサンダルの装着等、素足を露出しての出場は認めない。
  5. ストック及び杖の使用は認めない。
  6. 必携装備の他、走力や天候により必要な装備は、各自で判断し持参しなければならない。
  7. 装備チェックは、項目、実施するタイミングなどを事前に通知せずに行う場合がある。
  8. 装備ルールの違反が判明した選手は失格とし、競技前においては競技への参加を禁止し、競技中においては競技を中止し、競技後においてはその成績を取り消す。

自然保護に関するルール

  1. コース上にゴミを投棄してはならない。
  2. コース上に落ちている棒、枝などを使用してはならない。
  3. コース上での火器の使用は認めない。
  4. 植物等を無断で採取してはならない。
  5. 植物等を故意に損傷させてはならない。
  6. 会場のトイレ、コース上の施設のトイレ、主催者が設置したトイレ、携帯トイレ以外で用便を済ませてはならない。
  7. 自然保護に関するルールの違反が判明した選手は失格とし、競技前においては競技への参加を禁止し、競技中においては競技を中止しなければならず、競技後においてはその成績を取り消す。

山のルール・マナー

  • ゴミを絶対に落とさない→ゴミ専用のポケットを用意しましょう
  • ゴミを1つは拾う→山に入る度に少しずつ山がキレイになります!
  • 挨拶2回 → 10m手前で1回、すれ違う時もう1回。感謝を込めて。
  • ハイカー優先→「お先にどうぞ」の気持ちを忘れずに。
  • ハイカーを抜くとき、すれ違う時は歩く→走っていると恐怖感を与えます。
  • トレイルを外れない→植物を踏まないように。
  • ヘッドホン厳禁→注意喚起や挨拶が聞こえなくて危険です。自然の音を楽しみましょう!
  • 寺社仏閣へ敬意の気持ちを持つ→心の中で感謝
  • 山への感謝の気持ちを忘れない。→入山前に「お願いします」下山時は「ありがとうございました」

申込規約

  1. 選手は、本規約を含む大会規約のすべてに同意の上、申し込みを行うこと。
  2. 選手は、大会の運営及び安全管理全般について、主催者の指示に従うこと。
  3. 個人の都合による申込後の種目変更、キャンセル、重複申し込みのキャンセルは不可とし、返金できない。
  4. 過剰入金、重複入金は返金できない。
  5. 地震等天変地異、悪天候、疾病、事件など、予測不可能な事由により、主催者側の判断でコースの変更・縮小、又はレースを中止することがある。
  6. 予測不可能な事由によりコースの変更・縮小・開催の中止に行った場合、参加料は返金できない。
  7. 大会開催中に疾病・ケガが発生した場合、主催者が応急手当を行う。但し、その方法、経緯などについて主催者の責任を問わないものとする。自身の健康に留意し、十分なトレーニングを積んだ上で、自己責任において大会に参加すること。
  8. 大会開催中の事故、傷病等に関する補償は主催者側が加入した保険の範囲内とし、それ以上は補償しない。

    保険内容
    • Chubb損害保険:団体総合補償制度費用保険 マラソン大会補償プラン
    • 死亡補償・後遺障害補償:200万円、療養補償:入院日額3,000円、通院日額 1,000円

    ※山岳保険には加入していません。各自で加入する事をお勧めします。

  9. 参加者が自分自身・あるいは第三者に与えた損害・損失等について主催者は一切その責任を負わない。
  10. レース中の事故について、傷害保険による保険給付限度額以上の補償には応じない。保険給付限度額以上の補償が必要な場合は各自で加入すること。
  11. 大会の映像・写真・記事・記録等(氏名・年齢・性別・記録・肖像等の個人情報)がマス媒体・印刷物等に利用されること、また、その著作権は主催者側に属することを承諾するものとする。
  12. 大会規約に違反した場合、出場及び表彰の取り消し、競技の中止、次回以降の参加拒否等を主催者で決定する。また、主催者は違反者に対する救護・返金等は行なわない。
  13. 申し込みが完了した選手は、今レースの大会概要及び大会規約のすべてを確認し、同意したものとみなす。

個人情報の取り扱いに関する事項

大会申込者の個人情報は、今レースや関連する競技やイベント、関連する商品の情報提供以外に使用することはありません。

その他の注意事項等

  1. 大会概要(タイムスケジュール、参加賞、募集定員、ゲストなど)や、大会規約(競技ルール、装備ルールなど)は変更する場合があります。その都度、大会ホームページでお知らせいたします。
  2. 大会10日前を目途に、全ての選手に選手証をお送りします。そちらで最終的なタイムスケジュールや必携装備などをご確認ください。
  3. 体調不良を感じたら早めに係員までお申し出ください。また、不調者を見かけた場合は、近くの係員までお申し出ください。大会本部、コース上の要所には救護班を置き、救急用品を準備しています。
  4. 健康保険証の原本を必ずご持参ください。
  5. スタート地点で預かった選手の荷物を、フィニッシュ地点にお届けします。但し、貴重品等の管理は各自でお願いします。紛失の場合、主催者側では責任を負いかねます。
  6. ゴミは必ず各自でお持ち帰りください。
  7. お車でお越しの方は、必ず指定の駐車場をご利用ください。
  8. 駐車場内で発生した事故などについて主催者は一切その責任を負わない。
  9. 大会当日に計測チップまたはココヘリ端末の返却が無い場合、又は選手の責に帰すべき事由によりチップを破損させた場合、1個4,400円の実費を弁済していただくこととなりますので予めご了承ください。